松葉ガニ・若松葉ガニ・親ガニ 買い付け発送サービス

松葉ガニの季節になると、当サイトにもお問い合わせが多く寄せられます。そこで、栄進丸はカニ漁はいたしませんので、カニに目が利くお客様連絡係の木原が、ご予算に応じて松葉ガニや若松葉ガニ、親ガニ(セコガニ)を買い付け発送させていただくことにいたしました。買い付け先は、自宅用のカニはもちろん、贈答用もこのお店でしか購入しないほど、鮮度、価格、そしてご主人の気前のよさ、どれを取っても文句なしの、プロも通う鮮魚店です。 栄進丸のお得意様、ブログ「NOBの厨房《 のNOBさんや料理研究科の 高橋典子先生 も大絶賛なさる上等の松葉ガニや若松葉ガニが、同じ地元の鮮魚店の中でもお求めやすい価格でご購入いただけます。
※仲介に当たり私が手数料などを頂戴することは一切ございません。お店のご主人に、「もう一声!《をお願いしお客様のご予算を最大限に生かすのが栄進丸鮮魚直送販売の特別企画の一環です。
テレビやインターネットでの通販で、いつでも大量の松葉ガニが安く購入できるのには理由があります。水揚げ直後の茹でたカニや生きたカニでないことが多いですし、「ズワイガニ《とは言っても明確に「松葉ガニ《と称するところが実は少ないんですね。外国産も多く、国産であっても、ズワイガニ=松葉ガニと誤解を与え兼ねないPRの仕方をしています。
また、地元の鮮魚店でも、注文から発送まで日数がある時などは、注文日に残っているカニの中から選んで発送日まで保管するところもあります。
そして何より、1kg前後の松葉ガニに20,000円以上の値段が付いていることもよくあります。そして漁獲量も相場も安定しているにも関わらずその高価な値段は変わりません。初値のご祝儀相場が漁期中続くわけです。私が同等の商品を買い付けるに当たり、どんなに相場の高い時の特大で上等な松葉ガニでも今まで一度もお客様にそこまで高額な価格を提示をしたことはございません。
私は飽くまでも地元山陰の松葉ガニおよびその他美味しいカニをお安くご紹介させていただければ十分ですので、せっかくお手頃な価格に私の手数料を上乗せすることなど毛頭考えておりません。
※しかしながら、カニも他の鮮魚同様、日々価格が変動します。従って常に同じご予算で同じサイズや数量をお買い求めいただけるとは限りません。それもまた現実でございます。買い付け先のご主人は、高値が見込まれる時期や値が安定する時期を的確に教えてくださいます。
皆様、是非ご安心してご検討、お問い合わせください。

松葉ガニ


10年以上かけて成長し水揚げされた雄のズワイガニを山陰では松葉ガニと呼びます。ブランド・タグは産地偽装などを防ぐためもありますが、実入りがよく比較的大きなものに着けられる最高級の証です。ぎっしり詰まった身に旨味がたっぷり。
松葉ガニは、大きさによって茹でる時間の調節が非常に難しく、また、大きな鍋も必要なことから、今まで松葉ガニをご自宅で茹でて召し上がったご経験のない方には、あらかじめ茹でてあるものをお勧めします。
お刺身やカニしゃぶ、焼きガニ用には生きた状態の活松葉ガニを発送いたします。お受け取りになる時点でも生きていることがほとんどですが、保証はいたしかねます。

   活きた松葉ガニ
   

若松葉ガニ

ズワイガニの脱皮後の雄です。見た目は松葉ガニと似ていますが、脱皮後間もないため甲羅や殻が柔らかいのが特徴です。透き通るような殻がとてもきれいです。まだ若いため松葉ガニに比べ身入りが薄いですが、同時に身離れがよく食べやすいカニです。
活きた若松葉ガニをご注文の場合は松葉ガニ同様そのまま発泡箱にお入れして発送させて頂きます。が、若松葉ガニのみそはそのまま加熱しても固まりにくく、胴体と脚を切り離してボイルしなければみそが脚に流れ込んでしまうことが多々あります。ですからボイルした若松葉ガニをご注文なさると、みそを除いた脚と胴体をお届けさせて頂くこととなります。
せっかくですので、活きた若松葉ガニをご注文なさり、ご家庭でみその詰まった甲羅を剥がし、みそだけを炙ったりなさって召し上がることをお薦めいたします。




親ガニ

地元で親しまれている親ガニ(セコガニ)は、資源保護のため漁期が短い貴重な親ガニです。小さいですが腹にはとても美味しい子を持っており、一度食べると癖になります。



漁期

松葉ガニ:2014年11月6日~2015年3月20日
若松葉ガニ:2015年1月20日〜2015年2月28日
親ガニ:2014年11月6日〜2014年12月31日
資源保護のため、毎年、漁獲量に制限を設けています。親がにや若松葉がにの漁期は短く、漁獲量も松葉がにに比べると少ないです。また、鳥取県や兵庫県の独自の取り組みとして、漁獲サイズは省令よりも厳しい独自での制限を設けています。

お問い合わせ・ご注文

お問い合わせメールフォーム に詳細をお書き頂き送信してください。
例:ご予算、ご希望サイズ、数量、おおよそのご希望配送日など。
今期はカニの漁獲量が比較的安定していると言われておりますが、土日、祝祭日当日の買い付けは平日に比べ高値になります。また、時化で船団が出漁上能の時期は品薄で値が跳ね上がることもございます。平日で水揚げが多い日が買い時です。従いまして、ご相談の上概ねお任せ頂ければ格安で立派な松葉・若松葉をお送りすることが出来ると存じます。


<感想と推薦 1>

  • Naturalレシピ NOBの厨房
  • NOBさんから
    木原さんの松葉ガニに出会うまで、私はタラバ一辺倒でした。 繊維が太く、濃くて甘いからです。
    そんな私に木原さんから松葉ガニが送られて来ました。 実は、それまで松葉ガニを食べたことがありませんでした。 届いた箱を開けてビックリ! 生きていました・・・ 限られた地域で水揚げされたカニだけが松葉ガニと 言われる高価なカニであることは知っていました。 そのカニが生きて自分の前にいるわけです。
    木原さんから送られたカニの甲羅には、黒くて小さな貝のようなものが びっしりついていたのですが、良いカニであることを示すカニビルの 卵だということが分かりました。 なぜ、良いカニであると分かるのかというと、カニビルの卵が びっしりついているのは、脱皮してから長時間経過しているからで、 脱皮してから長時間経過しているということは、 身がびっしりと詰まっているということになるからだそうです。
    わくわくしながら一番シンプルに茹でて食べてみました。 その美味しさにびっくりしました。 柔らかくてきめの細かい繊維でできた身が びっしりと詰まっていて食べ応え抜群。 しかも、コクがあって飽きない丁度良い甘さがあります。 無類のカニ好きのかみさんは、私が美味しいねと話しかけると・・・ 「ごめん! 食べることに集中したいから黙ってて《
    そして、蟹味噌・・・これが私たちを更に無言にしてくれました。 蟹味噌ってこんなに美味しかった???というくらい。
    その後、刺身で食べて感動しました。 過去、刺身で蟹を食べたのは旅館に泊まったときぐらいです。 家で刺身が食べれるなんて・・・ その後、木原さんに脚折蟹をお願いしました。 脚が折れていても味は一緒ですし、同じ値段で 沢山食べれるし、料理に使うことへの躊躇いも 若干なくなります。
    到着した脚折蟹を見てびっくり。 脚折蟹も同様に生きていました。 しかも大量・・・とても食べきれないので、 お隣のお家におすそわけしたところ 大喜び・・・やっぱり蟹って喜ばれるんですね・・・ 早速茹でてたっぷりいただきました。 そして・・・贅沢なカニ玉をつくってみました。 その美味しさはもう・・・言葉では言い表せません。
    木原さんには真鯛などの鮮魚でお世話になっていますが、 とても責任感とこだわりのある方で、食材の見極めも抜群。 特に松葉ガニは木原さんご自身が相当お好きなようで、 その選別には非常に厳しい眼を持たれています。 今年も木原さんの選んだ極上松葉ガニが食べれる 解禁の日が待ち遠しいです。 かみさんと二人で自宅で松葉ガニの食べ放題をやるつもりなんです。
  • 松葉蟹と砂丘ながいも(鳥取産直グルメ)
  • 刺身オヤジの誕生日(カニ食べ放題、極上刺身寿司舟盛、アジのW姿造り)
  • カニと鮮魚パーティー(栄進丸の鮮魚と木原さんの松葉ガニ)
  • 松葉ガニと鍋島の至福
  • 松葉ガニと而今の至福
  • 松葉祭り! 特大茹で松葉・かに玉丼・カニサラダ・COCOのワイン
  • 松葉づくしの休日 松葉カニのしゃぶしゃぶと茹で松葉
  • 極上松葉かに de 塩麹松葉とセリ 松葉かにの玉子焼き de 一杯
  • 極上松葉かに 旨すぎ・・・

<感想と推薦 2>

  • NON NON cooking salon
  • 高橋典子先生から
    東京では、松葉ガニなどなかなか目にすることすらできません。もし見かけたとしても、とても手が出るような値段ではありません。松葉ガニをいただけるのは、ごく一部の高級料亭に限られていて、家庭の食卓には縁遠いものとなっています。ですから、木原さんが選んで送ってくださる松葉ガニには本当に嬉しい驚きでした。
    カニと言っても千差万別。
    テレビの通販番組でも、多くのカニが取り上げられています。しかし、絶対的に安心して買うことが出来るでしょうか?木原さんが選ぶ松葉ガニなら、何より、新鮮!そして信頼できるところから送っていただけることで、確かに保証された、正真正銘の松葉ガニである安心感。
    もちろん繊細で濃い甘みのすばらしいお味、それに加えて・・・松葉ガニとしては、考えられないリーズナブルなお値段です。
    本物の松葉ガニを、ご家族で楽しめるなんて、こんな贅沢ができることに感謝です。
    自分の家で季節を感じながら、年に一度の贅沢にもよし。どんなところにお遣いものとしても安心してお贈りできます。梱包もしっかりきれいにされていますし、おいしいものがお好きな方には大変に喜んでいただけることと思います。
    高橋典子